会社概要

会社概要

経営理念

「自動制御で産業界に貢献する」

当社は、1988年10月、群馬県高崎市大橋町で13坪の事務所を賃借してマイクロコンピュータ応用機器やFA(ファクトリ・オートメーション)の開発を始めたのが、そのスタートです。


計測制御ソフトの開発からスタートし、ハードウェアの設計、量産品の開発などを行い、機械設計も行うように業容を拡大し、当社の技術の全てである「ハード」、「ソフト」、「メカ」、「量産」の技術が揃いました。


1995年ごろ、自社の技術を整理した結果、温度制御などの「自動制御」のウェイトが高く、この分野に特化し、当社のコア技術にすることになりました。実際、工作機械用のチラーをデジタル化したことで、チラー制御のコンピュータ化を実現した世界初の会社と評されました。


自動制御は応用分野が広く、半導体のコメがメモリーならば、自動制御は「産業界のコメ」と呼ぶにふさわしいものです。


当社は、広範な自動制御の分野の中で、FA(ファクトリ・オートメーション)とME(メディカル・エレクトロニクス)、そして半導体製造装置でNo.1の制御装置を開発する「自動制御のプロ集団」になりたいと考えています。

目指すは、「自動制御のプロ集団」!

経営方針

  • 1.顧客の満足を超える「感動」で「信頼」関係を強化します。
  • 2.Q・T・Cが判断基準です。
  • 3.「自責の風」を吹かそう。
  • 4.行動基準は「どうしたらやれるのか」とします。
  • 5.「即、実行」をモットーにします。