アドテックスとは

アドテックスとは

アドテックスは、コア技術「高精度自動制御」+「微小信号処理」+「パワーエレクトロニクス」技術で各種産業機器を開発する研究開発型企業です。

  • 高精度自動制御
  • 微小信号処理
  • パワーエレクトロニクス

新しい自動制御の技術開発が認められ、群馬県のベンチャー支援制度「群馬県創造的中小企業創出支援事業」 の適用第1号を受ける。

東京中小企業投資育成株式会社や民間のVC(ベンチャーキャピタル)から投資を受ける。

中小企業白書(中小企業庁刊) に取り上げられた独自の「ADVANCED PID制御」や「NACS制御」(特許)などの各種自動制御技術と、群馬大学が推進する「アナログナレッジ」にも技術協力している「微小信号処理技術」を駆使し、
  • 1. ME(メディカルエレクトロニクス)機器
  • 2. FA(ファクトリ・オートメーション)機器
  • 3. 半導体関連機器
の開発を進めています。

高精度自動制御技術

ある目的に適合するよう何らかの操作を自動的に加えていく技術。
  • 1. ON-OFF制御
  • 2. PID制御
  • 3. ADVANCED PID制御
  • 4. 適応制御
  • 5. ロバスト制御
  • 6. モデル規範制御 ⇒ NACS(特許4件)
自動制御はありとあらゆる分野で使われている。
  • 1)温度(圧力、湿度など)制御
  • 2)モータ制御
  • 3)プロセス制御
例)エアコン、冷蔵庫、プリンタ、コピー、FAX、自動車(燃料制御)、医療器、工作機械、ロボット、航空機、 ロケット、スペースシャトルなど

微小信号処理技術

アドテックスで扱う微小信号の種類

1. 温度センサ

温調器、チラー等で使用

  • 1)Pt100   mV単位を扱う
  • 2)熱電対   μV単位を扱う
  • 3)サーミスタ mV単位を扱う

2. 光検出

プリンタ用LEDヘッドの測定、校正等で使用

  • 1)フォトダイオード μA単位を扱う
 

3. 人体信号

痛覚測定システム、心電解析装置等で使用

  • 1)電極   μV~mV単位を扱う
人体から発生する電気信号
検出レベル 周波数範囲
心電 1〜5mv 0.05〜150Hz
脳波 1〜500μv 0.5〜60Hz
筋電 0.01〜10mv 5〜2000Hz

パワーエレクトロニクス技術

電力用半導体を用いて電力変換と制御を行う応用システム技術。

アドテックスのパワーエレクトロニクス対応分野
分野 項目 対応実績
電力供給 無停電電源システム 8kVA
二次電池による電力貯蔵 1,500W
周波数変換設備 3kVA
10kVA
産業用 ファン、ポンプ用インバータ 3相ACインバータ:2.200W
単相インバータ:150W
冷凍機コンプレッサ用インバータ 3相ACインバータ:400W〜2.200W
単相インバータ:400W
DCインバータ:3,000W 開発中
IHインバータ 1,400W〜3,000W
ロボット 人間型 Terapio

アドテックスの技術・開発イメージ